« 犬の根本体質3 | トップページ | ノミ大発生 »

発見

うちの8歳になる猫が動物病院のお世話になったのは、お尻から
米粒(寄生虫の断片)が出た時と避妊手術の時の2回だけで
不調な時はずっとレメディーで対処しています。
おかげさまで今のところ困った健康上の問題はありません。

先日生後間もない子猫を拾い、4か月齢までホメオパシーで
健康管理してきた飼い主さんと会いました。
その猫ちゃんに触れた瞬間、「あ、家の猫と同じ手ざわり!」
なんかね~、つるピカーなのです。
見た感じもつややか(うちの猫も毛並みがきれいと言われます)

これはレメディー効果なのかも。

120912_

|

« 犬の根本体質3 | トップページ | ノミ大発生 »