« 2011年10月 | トップページ | 2012年9月 »

動物の根本体質

このブログにはホメオパシーの実践例を書いていこうと思っていたのに、
うちのペットは健康上の問題がなく、あっという間にネタが尽きました。
これからはホメオパシーを動物に使う上で学んだことや考えたことを書きます。

以前、動物種の特徴から根本体質レメディーを考えることもできると聞きました。
根本体質は持って生まれた特性ですね。
根本体質レメディーが体力の向上や精神的な問題に合うこともあります。

taurus牛:Calc
Calcはカキの殻のレメディーですが、カキは殻は固いけど中身は柔らかくて濡れてます。
ぽっちゃり型、決まったことをするのは得意だけど変化に弱い、頑固で融通が利かない、おとなしくて引っ込み思案などの特徴があります。
でも牛にも個性があって、Calcだけとは限らないそうで、たとえば
 いかにもCalcの牛は重たげ、動作がゆっくり、大型
 
Calc-pの傾向があると、骨格はやや細め、活発
 Phosの傾向があると群れと一緒にいたがる、離されるとうろうろする
 Pulsの傾向があると、頭部が女性っぽい
 Sepiaの傾向があると、何もかも垂れ下っている感じ
というように牛という種としてはCalcだけど、個体としてはいろいろだそうです。

horse馬は敏感で繊細、貴族的なイメージもあるのでArs

豚は短期間でと殺されてしまうせいか悲しみが根底にあるそうで、またよく食べるのでAnt-c

aries羊はPulsとどこかで読んだのですが、なぜだろう。穏やかで優しそうに見えるからかな。

cat猫は好奇心が旺盛で敏感なのでPhos

dog犬は自分を抑えて人間に奉仕するためなのかStaphCarc

ウサギは臆病でぷるぷる震えているイメージからGels

面白いですね。
犬は品種によってもレメディーが異なると聞きましたが、また別の機会にhappy01

|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年9月 »